2014年12月04日

AH-Xどうなるの?

IMG_0612.JPG
陸上自衛隊がAH-64Dの調達中止を決めてからそれなりの期間が経過しましたが、その後どうするのかという話は聞こえてきません。AH-64EとAH-1Zでまた選定やり直しとか、AH-64Eで決まりだよとかいろんな話はありますが、あくまで噂の域をでません。OH-1改造はないでしょう。時間的な問題で。
13機などという少数の調達で終わっていますから、このままでは運用面で効率が悪すぎますし、なにより部隊編成がまともにできません。一応、ブロックUの生産が終了してラインが閉まったので日本だけが調達を続けると高くつくという理由付けがされていますが、アップデート版のブロックV(現AH-64E)の生産は続いているわけで、そっちにアップデートすればいいだけの話です。
結局、最終組み立てだけのライセンス生産で価格が高騰して、やがて調達の始まる10式戦車や機動戦闘車の調達を圧迫しそうだったのでやめたというのが正直なところではないでしょうか。

あと、何より致命的なのは、近年自衛隊が力を入れる島嶼部防衛に不向きというとこではないでしょうか。
海兵隊が使用するAH-1WやAH-1Zと異なり、艦への搭載を前提としていないため、ローターの折り畳みができないというのも致命的かと。
じゃあ、AH-1Zにしとけばよかったのかというと、そういうわけでもなくイギリスのAH-64DであるところのWAH-64(イギリスでの名称はAH.1)は海軍艦艇の運用を前提に改良されています。
WAH-64(AH-1) from 664 Sq, is lowered on the lift of HMS Ark Royal into the hanger.jpg
結局のところ、こういう独自改良をせずに漫然と米陸軍仕様をベースに調達したことがそもそもの間違いのような気がします。
次回はヘリコプターつながりでUH-Xでもやろうかと思いますが気まぐれです。
posted by 雪風 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410091260
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。