2010年06月22日

ご無沙汰ですが

かなり長い間更新してませんでしたが、アクセス解析を見るとなぜか一定のアクセスはあるので、目に付いた話題で更新です。

普天間問題:「ヘリ空母」に訓練移転案…鳩山前首相明かす
ほんと思いつきでしかものを言わない政治家だとは思っていましたが、ここまでとは思いませんでした・・・。
まず「3艦から4艦あれば(ヘリが)40機くらい積める。日米の共同訓練もできる。」ってそれ海自が保有する(または建造予定の)DDH全てってことがわかってるんでしょうか?
防衛省にしてみれば虎の子DDHが沖縄に貼り付けになり、しかもそれが米軍に乗っ取られる形になるわけで、そりゃ承服しかねるでしょう。
第一、艦上で全ての訓練ができるわけでもなし、デメリットばかりが多くて防衛省にしてみればなんのうまみもないです。訓練の一環で日米の搭載機が互いの艦船に派遣されるというのならわかりますが、一方的に貸し出す形では何の意味も無いでしょう。それとも、前総理は有事の際にはDDHも米海兵隊と一緒に前線に進出させる考えでもお持ちなんでしょうかね?
いずれにせよ、水上艦、それも護衛隊群の中枢であるDDHを普天間の訓練移設先とするのは不可能でしょう。というか、4隻持ってたとしても常時4隻が使える状態ではないってことわかってるんですかね、あの前総理は?
posted by 雪風 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。